インターバンク

iFOREX(アイフォレックス) レバレッジ400倍!

3%利息&最大100%ボーナスCFD

通貨ペア(FX)・商品・指数・株式・ETF・仮想通貨の各CFDに対応!

ロスカット水準0%で追証なし。

ゼロカットギリギリまで粘れて、借金を背負う心配は無し!

海外FXお役立ちガイド、冬のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2019年5月31日(金)まで

各種キャンペーンの詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへ!

海外FX キャッシュバックサイト

海外FXキャッシュバックビクトリー

最近よく聴く「ECN」取引って何ですか?

海外FX

最近の海外FX会社では、
取引のタイプも複数提供されています。
そんな中で最近よく耳にするのが「ECN」ではないでしょうか。

 

ECN(Electronic Communications Network)は、電子通信ネットワークを通したインターバンクでの行われる外国為替取引のことで、国内のFX会社でいうところの「くりっく365」
「大証FX」などの取引所FXのようなものです。

「ECN」のメリット、デメリット

ECNはインターバンク市場で個人投資家、ファンド、銀行、ブローカーなどのレートをまとめて、参加者同士の注文をマッチングさせる仕組みになっており、注文は板情報に追加されるため、透明性が高く公正でレートの良い取引ができるというメリットがあります。

 

他にも24時間いつでも相対取引ができることや、スマートフォンを使って場所を選ばずに利用できることもメリットの1つといえるでしょう。

 

しかし、デメリットも存在します。

 

ECN取引でのデメリットはインターバンク市場へ直接発注することになるので、取引通貨量が少ない1,000通貨などでの取引に対応している海外FX会社はまだ少なく、必ず手数料が発生するということです。

 

ECNは、XMZero 口座FxProFXDDのJForex、などの海外FX会社でも新たにサービスが提供されており、取扱いも増加しています。

 

通常のFXとECN取引ではどちらを利用したほうがいいのかと、悩む投資家も多いのではないでしょうか。

 

一概にどちらがいいとは言えませんので、メリット、デメリットを理解してどちらも試してみて、自分のトレードスタイルに合っているほうを選んでみるといいでしょう。

 

トレードコンテストやデモコンペとは?

ECN取引とは?|インターバンク直接取引海外FX業者記事一覧

ECN方式とOTC方式の違い【図解】

「NDD対応で比較」のページはこちらへ!

≫続きを読む

キャンペーン

iFOREX アイフォレックス 海外FX

ロスカット水準0%で追証なし。

ゼロカットギリギリまで粘れて、借金を背負う心配は無し!

海外FXお役立ちガイド、冬のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2019年5月31日(金)まで

各種キャンペーンの詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへ!

海外FX キャッシュバックサイト

海外FXキャッシュバックビクトリー


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。