海外FX入出金方法

iFOREX(アイフォレックス) レバレッジ400倍!

3%利息&最大100%ボーナスCFD

通貨ペア(FX)・商品・指数・株式・ETF・仮想通貨の各CFDに対応!

ロスカット水準0%で追証なし。

ゼロカットギリギリまで粘れて、借金を背負う心配は無し!

海外FXお役立ちガイド、冬のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2019年5月31日(金)まで

各種キャンペーンの詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへ!

海外FX キャッシュバックサイト

海外FXキャッシュバックビクトリー

銀行による海外送金

銀行送金

海外FXのトレーダーの80%以上がクレジットカード決済による入出金方法を利用しています。

 

しかし、クレジットカードでは入金額を超える金額の出金ができません。

 

そのため、海外FXで利益をだしてまとめて出金する場合には、入金額と同額までがクレジットカードに返金されて、残りは海外送金(電信送金)で返金されます。

利点・欠点

もともと日本で海外FXが出始めた頃は、日本人トレーダーはクレジットカードよりも銀行からの電信送金で海外送金を利用していました。

 

海外送金を行う利点は、クレジットカードのように入出金の金額の上限がないので、大きな取引を行う場合に利用できることや、入出金の反映時間も2〜4営業日と比較的早いということです。

 

クレジットカードでは、入金は即時反映されるという利点がありますが、出金はタイミングが悪ければ、着金するまでに最長で2ヶ月近く時間がかかるという欠点があります。

銀行送金

しかし、海外送金にも欠点があります。
海外への電信送金の欠点は手数料が不明瞭で、国内送金に比べると送金手数料が平均して5,000〜6,000円と高額になってしまうことです。

 

海外へ銀行送金する場合、いくつかの手数料が加算されて割高になってしまいます。

 

送金手数料の内訳は、送金元銀行への手数料をはじめ、為替手数料、送金金額に対してのリフティングチャージ、中継銀行への手数料、受け取り銀行への手数料です。

 

また、どの銀行でも利用できるわけではないという欠点があります。

銀行送金

便利に活用している方も多いインターネットバンクは海外送金に対応していませんし、窓口に脚を運んでも、銀行自体が海外送金を扱わない場合もあるのです。

 

対応している銀行でも、身分証の掲示が必要な場合もあるので、利用銀行で送金できるのか、必要書類には何があるのか事前に確認しておくことをお勧めします。

利用可能な銀行

銀行送金の中でも、最近は東京三菱UFJダイレクトや三井住友のSMBCダイレクトなどのインターネットバンキングサービスで送金できるようになり、利用すると窓口に脚を運んで手続きをする手間が省けるという利点があります。

 

近年、日本人トレーダーの間で増えているのはHSBC香港など海外銀行のインターネットバンキングを利用した方法です。

 

また、海外FX会社によっては銀行送金での入出金にかかる手数料を補填してくれるサービスを行っている場合もあり、トレーダーにとっては嬉しいものですよね。

キャンペーン

iFOREX アイフォレックス 海外FX

ロスカット水準0%で追証なし。

ゼロカットギリギリまで粘れて、借金を背負う心配は無し!

海外FXお役立ちガイド、冬のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2019年5月31日(金)まで

各種キャンペーンの詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへ!

海外FX キャッシュバックサイト

海外FXキャッシュバックビクトリー


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。