海外FX

iFOREX(アイフォレックス) レバレッジ400倍!

3%利息&最大100%ボーナスCFD

通貨ペア(FX)・商品・指数・株式・ETF・仮想通貨の各CFDに対応!

ロスカット水準0%で追証なし。

ゼロカットギリギリまで粘れて、借金を背負う心配は無し!

海外FXお役立ちガイド、冬のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2019年5月31日(金)まで

各種キャンペーンの詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへ!

海外FX キャッシュバックサイト

海外FXキャッシュバックビクトリー

レバレッジは何倍まで可能ですか?

海外FXの魅力

日本のFX会社では、最大レバレッジが25倍までと規制されていますが、海外FXは、各社で上限が決められており、200〜500倍、中には1,000倍という会社が存在します。

 

これが海外FX最大の魅力です。

レバレッジ

FXでは、投資金額の何倍もの金額を動かすことができます。

 

レバレッジとは、その倍率のことです。10万円の投資金額をレバレッジ100倍で動かすということは、1,000万円の運用を行うことができ、10倍に比べてハイリスクハイリターンになることになります。

 

つまり、ハイレバレッジでポジションをもつとその分リスクも高まるということなので、リスクコントロールをきちんと行う必要があります。

 

そこで気になるのは、レバレッジの高さはFX会社の経営リスクの高さに比例するのかどうかということではないでしょうか。

 

100倍と500倍のFX会社で取引をする場合、どちらのリスクが高まると思いますか?
実はどちらでもありません。

 

レバレッジが高い取引は、低いものに比べて、ポジションのリスクは高まりますが、だからといってFX会社の経営リスクまで高まるわけではないのです。

 

FX会社には、含み損が拡大し、証拠金維持率が低下したばあいには、強制ロスカットするシステムがあります。

 

このシステムによってFX会社のリスクが高まることはありません。

 

証拠金維持率低下による強制ロスカットのタイミングは、各FX会社によって決められており、強制ロスカットが発生したら、自動的にポジションがクローズされます。

 

国内のFXでは相場が急変した場合に強制ロスカットのタイミングが間に合わず、証拠金以上の損失が出てしまうと追証が発生し、追加で入金する必要が出てきます。

 

しかし海外FXでは、このような場合に、ゼロカットや追証なしというサービスが搭載されていることが多く、急激な証拠金維持率低下によって証拠金残高がマイナスになってしまっても、証拠金以上の損失がでることがなく、これも海外FXの魅力といえるでしょう。

 

海外FXはレバレッジの高さから効率のいい投資ができますが、きちん利益を出すためには、リスクコントロールをしっかりとする必要があります。

 

あくまでも自己責任で行うことが前提なので、リスクをきちんと理解して取引を行いましょう。

 

電話で直接質問することは可能?

キャンペーン

iFOREX アイフォレックス 海外FX

ロスカット水準0%で追証なし。

ゼロカットギリギリまで粘れて、借金を背負う心配は無し!

海外FXお役立ちガイド、冬のキャッシュバックキャンペーン!

海外FXお役立ちガイド 口座開設

2019年5月31日(金)まで

各種キャンペーンの詳細は、「海外FXキャンペーン」特設サイトへ!

海外FX キャッシュバックサイト

海外FXキャッシュバックビクトリー


免責事項

※お申し込みをされる際は、各FX会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。
※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。
※また、著作権は放棄しておりません。